FC2ブログ

日本を豊かにするブログ

極左パヨクの手口、日本の本当の歴史を中心に紹介します。

台湾の総統選挙\(^O^)/大勝利に大歓喜。

日本の大親友「台湾」の総統選挙に親米派の蔡英文さんが当選した。
\(^O^)/大喚起!! 日米台こそもっとも硬い同盟になる!!

2020年01月13日06:14 / カテゴリ:中国
【w】中国、蔡総統に歓迎の談話を発表した日米英に激怒「台湾地区の選挙は中国の一地方のことだ」と抗議

https://www.moeruasia.net/archives/49658164.html
蔡英文台湾総統「日本と絆深めたい」再選受けツイート

11日の台湾総統選で史上最多得票で再選された蔡英文総統は同日深夜、「これまで以上にリーダーシップを発揮し、未来を見据えた政策を実践する」との日本語メッセージをツイッターに投稿した。その上で「国民の声に謙虚に向き合い、不動の心で困難を乗り越え、同様に台日の絆を深めていきたい」と強調した。
前後した投稿では、自身の再選について「一個人や政党の勝ち負けではなく、民主主義の勝利。きょうもすべての台湾人と一緒に民主主義を享受できることが最大の誇りだ」とつづった。
[時事 2020.1.12 14:27]
----
中国、蔡総統への祝意に反発 日米英に抗議

中国外務省の耿爽副報道局長は12日、台湾総統選で蔡英文総統が再選されたことに対し茂木敏充外相やポンペオ米国務長官らが祝意や歓迎を表す談話を発表したことについて「『一つの中国』原則に反するやり方で、強烈な不満と断固とした反対を表明する」と反発するコメントを発表した。既に日本、米国、英国などに抗議したという。
耿氏は「台湾地区の選挙は中国の一地方のことだ」と指摘。その上で「台湾問題は中国の核心的利益に関わる問題であり、中国と国交を結ぶ国と台湾とのいかなる形の政府間往来に反対する」と強調した
[時事 2020.1.12 19:50]
---<以上、引用おわり>---

台湾がかつて中国であったことは一度もない。

中国共産党はこの歴史的事実をひんまげて勝手に中国だと主張している。そもそも中国共産党は東条英機の人脈とつながりがあり、孫文が唱えた「五族共和」を実現した。その方法たるや周辺国を「チープな民族主義」で洗脳し、侵略吸収した(石原莞爾はこれをパクり「五族協和」を唱えた)。それが今の「5つ星国旗」を有する中華人民共和国である。

2016-12-20 11:24:48
中華人民共和国、あーっ マジ、ヤバイッ!!

https://ameblo.jp/recrutarou/entry-12230266164.html
2016-12-25 04:28:28
東條英機の人脈と中国共産党

https://ameblo.jp/recrutarou/entry-12231714971.html

これを読むだけで一気に日本人の歴史観が変わる!!



しかし、中国共産党による統治は「チベット」「ウィグル」「南モンゴル」に未曾有卯の人権侵害と悲劇をもたらした。そもそも、一党独裁とはファシスト国家のことであり、自由主義国家ではない。それゆえ異論を唱えるものたちは文字通り抹殺されていくのだ。抹殺の対象は暴力をふるわない超平和主義の「法輪功」の学習者まで及び、彼らは生きたまま臓器を抜かれている。それは現在も同じ悲劇的な状況だ。

僕はブログを初めて書き出した2004年から中国の「法輪功」の学習者に対する弾圧を批判してきた。

当然、現在の香港の民主化運動についても本ブログを読んでもらえればわかるように香港政府と香港警察の汚いやり方を批判してきた。台湾の人たちは香港の民主勢力を応援している。そう、香港の民主勢力が倒れれば香港市民は中国共産党によるファシスト政策のエジキとなり、その未来は台湾の未来と重なり、台湾が落ちれば、次は日本の番になるのだ。

つまり、香港市も台湾も日本も同じ船に乗った仲間なのだ。だから日本も米国も香港・台湾の問題に無関心でいてはならない。
台湾の総統選で親米派の蔡英文総統が再選されたことを心から祝いたい。

-----
アメーバブログ時代のブログには「日本人の歴史観が根底から崩れる記事」を多数書いてきた。今日、索引をざっと見て全く分類化されてないことに気づいた。FC2サイトの記事も分類化を意識して書いてないのでバラバラ感がいなめないなぁ。いつか、明確に分類化した索引リストを作るつもりだ。

スポンサーサイト



  1. 2020/01/13(月) 12:55:18|
  2. 日米台同盟強化
  3. | トラックバック:0

トラックバック

トラックバック URL
http://lead1.blog.fc2.com/tb.php/79-abf89c90
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

日本応援団

Author:日本応援団
資本家の主敵「極左パヨク」の手口、日本の本当の歴史を中心に紹介します。お金ができたら台湾旅行をしよう!!未来を日米台の時代へ。公開後も修正・追加しています。引用自由!ただし公開後24時間経ったものを引用してください。本ブログは『証拠を残す』ことを主目的にして記事を作成するため、引用ネタとして映像を「単純コピー」しています。引用された画像はコピー元と同一です。

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
FX (0)
政治 (4)
取引報告 (0)
マスコミ (2)
歴史 (3)
中国共産党(香港 (1)
共産主義者 (23)
韓国 (14)
中国共産党(米国 (2)
自動車 (2)
洗脳 (1)
NHK (2)
USA (1)
薬害 (3)
人権保護 (5)
心霊 (1)
成果主義 (2)
捜査協力 (16)
日本 (2)
日米台同盟強化 (1)

フリーエリア(固定)

フリーエリア(最新イベント)

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

フリーエリア(自動更新)